松平東照宮拝殿格天井画☆

 

 

みなさん、こんにちは☆

 

 

 

以前、当ホテルのブログにて松平や松平東照宮についてご紹介を致しました!

もう読んで下さいましたか!?

 

まだ!というあなたは是非読んでみて下さい♪

 

 

本日は、松平東照宮拝殿の天井画について御紹介致します(^O^)

 

 

 

 

 

 

先月、1月、豊田市産業部商業観光課主催の

おもてなしパートナー実践講座にて、松平郷へ実際に足を運び様々なことを学ばせて頂きました。

 

その中の一つに天井画について学ばせて頂いたのですが、

実際に天井画を観てとても感動しました!

一緒に参加した支配人もとても感動しておりました☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな天井画がこちら!!

 

 

天井画2.jpeg

 

 

 

 

通常は写真撮影が禁止とのことですが、今回特別にお写真を撮らせて頂きました!

ありがとうございます(/_;)

 

 

 

 

この天井画は、2015年10月徳川家康公400年祭記念大会のメモリアル事業にて新設されたものです。

 

 

合計108枚の天井画に描かれているのは、ほとんどが松平郷で目にする草花ばかりです。

 

 

 

 

天井画.jpeg

 

 

 

 

四隅に松平東照軍ゆかりの双葉葵を配置しているので、草花の種類は合計105種類になります。

また季節ごとに配置されているとのことです。

 

 

 

 

 

この素晴らしい天井画のメインとなる草花を描かれたのは、

愛知県豊田市在住の漆芸家、安藤 則義さんです。

 

 

安藤さん.jpeg

 

 

 

 

 

制作期間は約2年!

制作中はほぼ毎日草花をスケッチするために山野を歩いたそうです。

そしてこの天井画で使用された色数はわずか5色、

漆に色を合わせて作った原色を絵の具の様に混ぜて、それぞれの草花に必要な色彩を生み出したとのこと。

 

ちなみに1番苦労されたのは【アロエ】だそうです( `ー´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、息子さんの安藤 源一郎さんです。

 

 

源一郎氏2.jpeg

 

 

 

源一郎さんは、天井画の草花1枚1枚の四隅にある金拍を貼ったり、

杉板に拭き漆をおこなったりと、則義さんと共に制作に関わった方です。

 

 

源一郎さんには実演をして頂いたり、使用する筆を見せて頂き、実際に触らせて頂きました。

 

 

とここで、支配人も杉板に既に書かれた花に色を塗ることに挑戦!!

 

 

 

 

源一郎氏3.jpeg

 

 

 

かなり真剣なので、わたしも真剣に写真撮影に徹しました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下、おまけ。。。

 

 

講座2日間、ひまわりテレビさんが同行され、

最後に取材を受けたので、熱く語ってまいりました☆

松平取材MGR.jpeg

 

 

取材FL.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

放送で使用できたかは分かりません!!(笑)

 

 

 

最後にクスッとして頂けましたか?(笑)

 

 

 

 

 

 

ロビーでは松平郷についてのオリジナル案内を新しく置きました!

お泊まりの際は是非お持ちください!(^^)!

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://t24.cms-lite.net/mt/mt-tb.cgi/291

コメントする

Powered by Movable Type 5.01

このブログ記事について

このページは、Palace Inn Toyotaが2019年2月 5日 13:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バレンタインイベント企画中☆」です。

次のブログ記事は「バレンタインイベント☆」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。